<< 「南海航路」 カルメン・マキ&OZ 1977年 | main | 「宇宙の彼方へ」 ボストン 1976年 >>

スポンサーサイト

  • 2014.09.27 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

「ホールド・ザ・ライン」 TOTO 1978年

ボズ・スキャッグスやスティーリー・ダンなど、数々の有名ミュージシャン達のバックで活躍してきた腕利きメンバーを集めて結成されたTOTOのファースト・アルバムは、飛び上がるくらいかっこよかった。 その中でもシングルヒットした「ホールド・ザ・ライン」は、変拍子のピアノとハードに響くギター、ハイトーンのボーカルとコーラス、どれをとっても僕の好みで早くセカンド・アルバムが出ないかな、というウキウキした気持ちになったものです。

メンバーの中でもスティーブ・ルカサーのうねりまくるギターと、亡くなってしまったのが今でも残念でならないジェフ・ポーカロの切れのいいドラムスが最高に気に入ってたんですが、楽しみにしていたセカンド・アルバム「ハイドラ」からグラミー賞を受賞した「TOTO IV」まで、彼らの全盛期のアルバムの中で今でも一番のお気に入りは、やっぱりこの「ホールド・ザ・ライン」が収められているファースト・アルバムです。

この曲の他にも名曲が目白押しで、この一枚のレコードの中に作曲や演奏・ボーカルなどの技量の高さ、彼らの才能のすべてが詰まっていたと言っていいんじゃないかと思います。 学生時代にちょっとエレキ・ギターもかじっていた僕はルカサーみたいなかっこいいソロが弾けたらいいな、と思いながら当然弾けるわけもなく、ジェフみたいなドラムが叩けたらいいなあ、と思っていたドラマーもプロ・アマ問わずたくさんいた筈です。 才能のあるスタジオ・ミュージシャンを集めて結成されたバンドは「スタッフ」もそうですが、相乗効果でさらに凄いことになるんだなあ、というのがよく分かりますね。

宇宙の騎士 TOTO
宇宙の騎士 TOTO
凄腕スタジオ・ミュージシャンが集合したTOTOのファースト・アルバム。 各メンバーのテクニックの高さが数々の名曲とともに堪能できます。 個人的にはIVよりもこちらを推したいですね。

amazon music TOTO  YouTube

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.1


スポンサーサイト

  • 2014.09.27 Saturday
  • -
  • 15:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
Google Ad.
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR